【貨物船座礁】撤去工期の短縮困難 12月末完了予定

非公開の説明会終了後、取材に応じる船主代理人の赤塚寛弁護士
非公開の説明会終了後、取材に応じる船主代理人の赤塚寛弁護士
2021年8月に八戸港沖で発生した貨物船の座礁事故を巡り、現場海域に残る船尾部分の撤去完了が今年12月末に延期された問題で、船主側は24日、工程を早めることができず、工期の短縮は困難―との認識を示した。 この日、八戸市内で開いた非公開の説明.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録