フィンテックで貧困脱出 新興国で運転手に融資

 フィリピンのマニラ首都圏で三輪タクシーで働きに出かけるデラバジャヤンさん=2022年9月(共同)
 フィリピンのマニラ首都圏で三輪タクシーで働きに出かけるデラバジャヤンさん=2022年9月(共同)
日本のスタートアップが、ITと金融を合わせた「フィンテック」を使って新興国で信用力がなかった人々の貧困脱出を手助けしている。フィリピンではタクシー運転手の働きぶりをデータで示し、自分の車両を持てるよう融資を受けられる仕組みを作った。新型コロ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録