「普遍的な価値」考えよう 世界遺産目指しフォーラム/十和田湖・奥入瀬渓流

パネルディスカッションで意見を発表する関係者
パネルディスカッションで意見を発表する関係者
十和田湖・奥入瀬渓流世界遺産登録推進研究会議(中村秀行会長)は21日、十和田市民文化センターでフォーラムを開いた。約200人が来場し、世界遺産に求められる「顕著な普遍的価値」を見いだす必要があるとの認識を共有した。 前衆院議長の大島理森さん.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録