賃上げ5%、労使隔たり 物価高対応では目線そろう/春闘スタート

 連合と経団連の主張の比較
 連合と経団連の主張の比較
労使のトップ会談で事実上スタートした2023年春闘は、急速な物価高への対応で経団連、連合の目線がそろった。しかし肝心の賃上げ水準を巡っては、5%程度の高いボールを投げる労組側と、景気の先行きを見極めたい経営側の隔たりが大きく、今後の交渉は曲.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録