Free“和田画伯”洋菓子店で個展 心和む似顔絵など11点/おいらせ

「多くの人に見てほしい」と来場呼びかける和田彰史さん
「多くの人に見てほしい」と来場呼びかける和田彰史さん

八戸市在住の和田彰史さん(46)の個展がおいらせ町の洋菓子店「モンターニュ」で開かれている。大胆な構図や色使いを特長とした水彩画と油絵、鉛筆画11点が展示され、来店客の心を和ませている。3月末まで。

 子どものころから絵を描くのが好きだったという和田さん。自閉症の壁を乗り越え、現在は同市の水産加工会社に勤務しながら、休日に水彩画や油絵の制作に没頭する。周囲からは親しみを込めて“和田画伯”と呼ばれ、同市の画家安藤清一さんに師事し、日々技術を磨いている。

 同市以外で個展を開くのは今回が初めて。店内には似顔絵や縁起物「カニ、亀、伊勢エビ」を描いた作品などが並ぶ。

 和田さんは「あまり筆に力を入れすぎず、丁寧に描いた。多くの人に見てほしい」と笑顔を見せる。

 時間は午前9時~午後7時。月曜定休。

お気に入り登録