少子化対策で出生率反転目指す 首相が施政方針演説

 衆院本会議で施政方針演説する岸田首相=23日午後
 衆院本会議で施政方針演説する岸田首相=23日午後
第211通常国会が23日召集され、岸田文雄首相は衆院本会議で施政方針演説を行った。急速に進展する少子化に言及し、子ども・子育て政策を最重要視。出生率を反転させるため「次元の異なる少子化対策の実現」を表明する。防衛費増額に伴う財源確保に関し「.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録