原木シイタケ、どう活用? 消費拡大へ久慈東高生が知恵

原木シイタケを活用した商品のアイデアを発表する生徒
原木シイタケを活用した商品のアイデアを発表する生徒
久慈地域の特産品である原木シイタケの消費拡大に向け、岩手県県北広域振興局が19日、県立久慈東高(佐々木寛校長)で商品開発のアイデア発表会を開いた。同校2年生のグループが原木シイタケの特性を生かしたハンバーグやシイタケ塩などをアピールした。 .....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録