マイナ利用拡大に腐心 生活利便向上は限定的

 マイナンバーカード交付率の推移
 マイナンバーカード交付率の推移
政府はマイナンバーカードの活用策を相次いで打ち出し、利用機会を広げようと腐心している。ただマイナカードは、引っ越しなど行政が絡む手続きの簡素化には有用だが、日常生活の利便性を上げる効果は限られる。 現在、カードでできるのはコンビニでの住民票.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録