【八戸国体】「選手の力に」本番心待ち 支える中高生ら、熱い思いで準備

八戸市を主会場として28日に開幕する「特別国民体育大会冬季大会スケート・アイスホッケー競技会」まで、あと5日。大会を成功させようと、準備が着々と進んでいる。22日には市公会堂で地元高校生でつくる音楽隊が開始式のリハーサルを行い、本番に向けて完成度を高めた
八戸、南部の2市町で開催される「特別国民体育大会冬季大会スケート・アイスホッケー競技会」(28日~2月5日)では、地元の高校生らが裏方として大会を支える。「各県選手の力になれば」「おもてなしの心で大会を盛り上げたい」。それぞれ熱い思いを抱き.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録