時評(1月22日)

八戸港と苫小牧港を結ぶフェリー航路が今年4月25日に開設50周年を迎える。半世紀の節目を機に、本州と北海道のトラック輸送や旅行客の往来を支える海路の重要性を再認識し、両地域の発展に向けて有効に活用されるよう期待したい。 八戸―苫小牧の就航は.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録