Free朝のニュースダイジェスト(1月22日)

【三村知事が不出馬を表明】
 青森県知事の三村申吾氏(66)は21日、青森市で会見を開き、6月28日の任期満了をもって退任し、次期知事選に出馬しない意向を正式に表明した。

 【子どもの想い出つくり隊を結成】
 コロナ禍でさまざまな行事が制限される中、八戸市内の企業3社が「子どもの想い出つくり隊」を結成した。第1弾イベントとして21日、写真撮影のイベント「なんちゃって成人式」を開催。和装の子どもたちが記念の一枚に納まった。

 【連合青森三八地域協議会が旗開き】
 連合青森三八地域協議会(中村一明議長)は21日、八戸パークホテルで新春旗開きを開催。賃上げなど労働条件の改善に向け、参加した労組関係者らが結束を強めた。

 【青森―ソウル線、チャーター便の運航開始】
 新型コロナウイルスの影響で運休している青森―ソウル(仁川)線で、大韓航空(韓国)のチャーター便運航が21日、始まった。国際線運航は約2年10カ月ぶり。青森県は今年の夏季スケジュール(3月26日~10月28日)での定期便再開に向けた足掛かりにしたい考え。

 【知事選は6月4日投開票】
 6月4日投開票の青森県知事選で、自民党県連は21日、支援候補の選考委員会を青森市で開いた。県連に推薦願を提出している、むつ市長の宮下宗一郎(43)、青森市長の小野寺晃彦(47)の両氏と面談。知事選への意欲や政治的スタンスなどを考慮しつつ、市町村支部などの意見を踏まえて決定する。

お気に入り登録