東海大菅生高監督に謹慎4カ月 センバツ支障なし

日本学生野球協会は20日の緊急審査室会議で、部員への体罰と東京都高野連への報告義務違反があったとして東海大菅生高の若林弘泰監督(56)に昨年12月5日から4カ月の謹慎処分を科した。同校は昨年の秋季高校東京大会を制し、今春の選抜大会出場が有力.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録