【コロナ5類移行】万全な準備を 医療体制見直し急務 青森県内医師

5類への移行を見据え、医療提供体制の確保や、市民への感染対策の周知などが改めて課題となる(写真は八戸市で行われたワクチンの職域接種)
5類への移行を見据え、医療提供体制の確保や、市民への感染対策の周知などが改めて課題となる(写真は八戸市で行われたワクチンの職域接種)
新型コロナウイルスの感染症法上の分類が今春、季節性インフルエンザと同じ「5類」に引き下げられる見通しとなった。原則、全ての医療機関が診療を担うことになるが、発熱外来に任せてきた医療現場の現状や行政の関与が薄くなる影響を踏まえ、青森県内の医療.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録