実効性不透明、弊害懸念も 首相、昨夏から時機探る/コロナ5類移行表明

 感染症法上の分類
 感染症法上の分類
岸田文雄首相が、新型コロナウイルスの感染症法上の位置付け引き下げへ踏み出した。「平時の日本を取り戻す」と誇ったものの、流行「第8波」の減少傾向が顕著になってからの表明。首相は昨年夏からタイミングを探ってきた。引き下げの実効性は不透明な上、専.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録