周辺で異常確認されず/五所川原の野鳥鳥インフル

五所川原市で昨年12月に回収されたカラスから高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、青森県は20日、周辺の湖沼や河川など10カ所で行った野鳥調査の結果、異常は確認されなかったと発表した。 県自然保護課は▽同じ場所で野鳥が複数死亡.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録