朝鮮戦争のタブー映画化 民間人虐殺、休戦70年前に

 ドキュメンタリー映画「泰安」の朝鮮戦争で虐殺された民間人の遺族がインタビューに応じる場面(具滋桓監督提供、共同)
 ドキュメンタリー映画「泰安」の朝鮮戦争で虐殺された民間人の遺族がインタビューに応じる場面(具滋桓監督提供、共同)
朝鮮戦争(1950~53年)休戦から今年7月で70年となるのを前に、戦争中の民間人虐殺を追ったドキュメンタリー映画が韓国で2作、相次いで製作された。長くタブー視されてきた韓国当局や米軍による虐殺に向き合った監督らは、史実が知られることが国民.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録