【ウクライナ侵攻】ロ軍、近く大規模攻勢か 参謀総長の統括司令官任命

 モスクワのロシア国防省で話をする(左から)ゲラシモフ参謀総長、プーチン大統領、ショイグ国防相=2022年12月(タス=共同)
 モスクワのロシア国防省で話をする(左から)ゲラシモフ参謀総長、プーチン大統領、ショイグ国防相=2022年12月(タス=共同)
ウクライナに侵攻したロシア軍が近く大規模攻勢に出るとの見方が強まっている。今月11日にショイグ国防相が軍制服組トップのワレリー・ゲラシモフ参謀総長(67)を現地の統括司令官に任命する異例の人事を断行。ロシアの専門家の間では、欧米がウクライナ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録