コスト押し上げ、赤字定着 輸出産業、円安恩恵乏しく/貿易赤字が過去最大

 貿易赤字の構図
 貿易赤字の構図
2022年の貿易収支の赤字額が20兆円に迫り、過去最大を大幅に更新した。ウクライナ危機による資源高と円安が輸入コストを押し上げた一方、輸出産業は生産拠点の海外移転や部品の供給制約で円安の恩恵を享受しにくくなったことが背景にある。かつてよりも.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録