Free朝のニュースダイジェスト(1月20日)

【青森県知事選、6月4日投開票】
 6月の任期満了に伴う青森県知事選で、県選管は19日、選挙日程について5月18日告示、6月4日投開票とすることを決めた。知事選では通算5期の現職三村申吾氏(66)が勇退の方向。むつ市長の宮下宗一郎氏(43)、青森市長の小野寺晃彦氏(47)の2人が立候補に意欲を示し、政党の動きも活発化している。

 【青森県が森林クラウドシステム運用へ】
 青森県は今年4月から、「森林クラウドシステム」の運用を始める。県や市町村が組織ごとに管理していた森林情報を一元化し、各種申請や計画策定の効率化を図る。各組織が航空レーザーで測定した森林解析データも共有し、森林資源の利活用を促進したい考え。

 【きょう大寒】
 20日は二十四節気の一つで、一年の中で最も寒さが厳しいとされる「大寒」。三戸町貝守地区では、冷え込みが強まるほどにうま味が増す「しみ豆腐」作りが盛んに行われている。

 【八戸第一養護学校、創立60周年記念式典】
 青森県立八戸第一養護学校(小松﨑明校長)の創立60周年記念式典が19日、同校で開かれ、参加した児童生徒や教職員ら約180人が、輝く未来へ向けて新たな一歩を踏み出すことを誓った。

 【五戸町立小中学校統廃合計画、住民説明会始まる】
 五戸町立小中学校の統廃合計画で、町教委は19日、統合案に関する住民説明会を始めた。初回は町立上市川小で開かれ、反対意見は出なかった。今後、町内各地で26日まで計4回実施する予定。

お気に入り登録