「公共の危険重大」 元町職員に実刑判決 階上林野放火/地裁八戸

階上町内の林野2カ所に放火したとして、森林法違反の罪に問われた同町蒼前西3丁目、元町職員の男(40)の判決公判が18日、青森地裁八戸支部であった。内藤和道裁判長は、事件によって生じた「公共の危険の重大さ」を指摘し、懲役2年6月(求刑同3年6.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録