天鐘(1月19日)

津軽に伝わる「雁風呂(がんぶろ)」の話をご存じだろうか。月の夜、渡り鳥の雁は木の枝を口にくわえて北国から渡り、飛び疲れると波間に浮かべた枝の上に止まって羽を休める▼そうして津軽の浜にたどりつくとその枝を捨て、再び春に自分の物を拾って北へ帰る.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録