津波予見、割れる判断 法的責任、着地点見えず/東電旧経営陣に再び無罪

 福島第1原発事故に関する三つの判決比較
 福島第1原発事故に関する三つの判決比較
東京電力福島第1原発事故で、東電旧経営陣3人は18日の二審判決で再び無罪となった。原発事故の刑事、民事の裁判では、津波の予見可能性が共通の争点となったが、司法判断は割れている。甚大な被害をもたらした事故の法的責任の着地点は見えない。海外で導.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録