危機感の乏しさ露見 法廷で勝俣元会長ら/東電旧経営陣に再び無罪

 東京電力旧経営陣3人の主張
 東京電力旧経営陣3人の主張
東京電力の勝俣恒久元会長(82)ら旧経営陣3人の強制起訴裁判では、東電社員らの証言から津波への危機感の乏しさが露見したが、18日の東京高裁判決は福島第1原発事故前の対応に「限界があった」と判断した。昨年7月に旧経営陣へ13兆円余りの損害賠償.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録