【解説】法廷での「検証」生かせ/東電旧経営陣に再び無罪

【解説】東京電力福島第1原発事故で東電旧経営陣3人を無罪とした18日の東京高裁判決は、検察官役の指定弁護士側が主張した津波対策を「後知恵」と断じ、東日本大震災前の認識を重んじて刑事責任を否定した。刑事の過失認定は難しく、無罪推定の原則に沿っ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録