廃線反対で議論難航も 問われる国の調整力/地域公共交通再編

 廃線が決まったJR北海道・留萌線の車両=2022年9月、沼田町
 廃線が決まったJR北海道・留萌線の車両=2022年9月、沼田町
地方鉄道の再構築協議会を国主導で置くのは、交通事業者との話し合いを自治体に促すのが狙いだ。ただ廃線に強く反対している地域もあり、協議会が設置されても議論が難航する可能性もある。斉藤鉄夫国土交通相は17日の記者会見で「今年を地域公共交通再構築.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録