「好循環」へ政権に協力 経済界、関係強化の思惑も/経団連の春闘指針

 大手企業の賃上げ率と回答額の推移
 大手企業の賃上げ率と回答額の推移
経団連が示した2023年春闘の指針は物価高への対応を前面に打ち出し、「社会的責務」として大幅な賃上げを容認する内容となった。岸田政権が求める「賃金と物価の好循環」に協力する姿勢を示し、経済界が重視する脱炭素投資などの課題で関係を強化したいと.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録