Free旬のホウレンソウ、手際よく 三八地域で収穫盛ん

旬を迎えたハウス栽培のホウレンソウ=17日、南部町森越
旬を迎えたハウス栽培のホウレンソウ=17日、南部町森越

冬場が旬のホウレンソウが、三八地域で収穫の最盛期を迎えている。南部町森越にある田中農園のハウスでは17日、スタッフ2人がみずみずしい深緑色の葉を広げた25~27センチの規格サイズを、根元からはさみで手際よく次々と刈り取っていた。

 店頭で通年見かけるホウレンソウだが、糖度が増すこの時期は特に消費者の人気が高い。田中博道代表(43)は例年10月上旬、種まきに着手。市場の動向を踏まえ、12月中旬から翌年2月にかけて順次収穫し、全量を八戸市中央卸売市場に出荷している。

 昨冬から病気に強い多収型の秋冬品種「スパイダーZ」を導入。近年は肥料や資材の高騰といった厳しい生産環境が続くものの、田中代表は「水などの管理をしっかりやり、おいしい野菜を届けたい」と変わらぬ意欲を示した。

お気に入り登録