ドローン活用、惨事に備え 新機能開発、課題も山積/阪神大震災28年

 神戸市兵庫区の小学校で行われた防災訓練で飛行するスピーカー付きのドローン=2022年10月
 神戸市兵庫区の小学校で行われた防災訓練で飛行するスピーカー付きのドローン=2022年10月
将来予想される南海トラフ巨大地震や首都直下型地震に備え、ドローンを活用する取り組みが進んでいる。新機能を搭載した機体の開発が進む一方、操縦者の育成や被災空域での衝突事故防止など課題も多い。今年で発生100年となる関東大震災をはじめ、阪神大震.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録