母形見の刺しゅう引き継ぐ 阪神大震災で亡くした両親に思い

 阪神大震災で両親を亡くし、刺しゅうの先生だった母林美知子さんについて語る石川美佐子さん=神戸市東灘区
 阪神大震災で両親を亡くし、刺しゅうの先生だった母林美知子さんについて語る石川美佐子さん=神戸市東灘区
1995年の阪神大震災で母林美知子さん=当時(70)=と父政雄さん=同(75)=を亡くした神戸市東灘区の石川美佐子さん(73)。刺しゅうの先生をしていた母がやり残した作品を引き継いで完成させ、色とりどりの思い出に囲まれながら両親に思いをはせ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録