前原寅吉研究で足跡に光 天体写真家藤井旭さん昨年死去 惜しむ関係者

前原寅吉の研究を続けていた藤井旭さん(右)。新型コロナウイルス収束後、八戸市で天体観測をする予定だった=2019年6月、八戸市(前原俊彦さん提供)
前原寅吉の研究を続けていた藤井旭さん(右)。新型コロナウイルス収束後、八戸市で天体観測をする予定だった=2019年6月、八戸市(前原俊彦さん提供)
世界で初めてハレー彗星の太陽面通過を確認した八戸市出身の天文学者・前原寅吉(1872~1950年)。研究を通じてその足跡に光を当てた、福島県郡山市の藤井旭さんが昨年12月、81歳で他界した。寅吉の望遠鏡で月や太陽を観測したほか、小惑星「Ma.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録