中国映画収入、世界首位陥落 「ゼロコロナ」足かせ

 中国本土の映画興行収入
 中国本土の映画興行収入
【上海共同】中国の映画の興行収入が昨年激減し、世界首位から陥落した。新型コロナウイルスを徹底的に封じ込める「ゼロコロナ」政策が足かせとなり、映画館の4割超が3カ月以上も営業を停止。「中国映画史始まって以来の暗黒時代」との声もあり、ゼロコロナ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録