Free旬のマダラが大特価!80箱完売 「真冬の鱈まつり」開催 むつ市脇野沢で3年ぶり

旬のマダラを品定めする来場者
旬のマダラを品定めする来場者

旬のマダラが大特価! むつ市の脇野沢地域交流センターで14日、「特産品フェアわきのさわ朝市『真冬の鱈(たら)まつり』」が3年ぶりに開かれた。脇野沢地区特産のマダラを目当てに市内外から多くの買い物客が訪れ、用意された80箱はあっという間に完売した。

 主催は同地区で活動する「鯛島塾むらおこし会議」(松野裕而会長)で、2020年以来の開催。地区の今冬のマダラ漁は好調といい、例年より身が太く味が良いという。

 この日は、白子の入った雄が1箱3千円前後、雌が1500円前後と特別価格で販売されるとあって、午前10時半の販売開始前から整理券を求める市民らが列を作った。順番に品定めした後、続々と旬の味覚を買い求めた。

 六ケ所村から親子で訪れた会社員男性(32)は「雄と雌1箱ずつ買えた。鍋や白子の天ぷらにして食べたい」と笑顔を見せていた。

 また、会場では、たら汁が振る舞われたほか、焼き干しラーメンなど各種特産品も販売され、訪れた約260人の市民らが地域ならではの美味に舌鼓を打った。

お気に入り登録