原子力利用の「厄介者」 処分の道筋いまだ見えず/再処理施設の放射性廃棄物

 高濃度の放射性廃棄物の処分方法
 高濃度の放射性廃棄物の処分方法
日本原子力研究開発機構東海再処理施設(茨城県)で保管されている燃料被覆管などの放射性廃棄物は、強い放射線を長期間出し、地下深くに埋設処分する必要がある「厄介者」。原子力の利用に伴いさまざまな放射性廃棄物が発生するが、処分への道筋は見えないも.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録