故大山名人たたえ企画続々 生誕100年、盛り上がる「将棋の町」/おいらせ

1988年8月、百石小にできた将棋道場に飾る額を贈る大山康晴名人(左)
今年は、おいらせ町(旧百石町)に将棋文化を根付かせた故大山康晴十五世名人(1923~92年)の生誕100年に当たる。節目を記念して町教委などはワークショップや特別展示を実施し、「将棋の町・おいらせ」をPRする方針だ。町内では今でも大山が立ち.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録