南部町消防団が出初め式 はしご乗りで団結示す

はしご乗りを披露する消防団員
はしご乗りを披露する消防団員
南部町消防団の出初め式が15日、同町福地地区で行われた。災害のない安全安心な町づくりに向け、団員が伝統のはしご乗りなどを披露し士気を高めた。 団員275人、車両36台が参加。工藤祐直町長による服装や隊列、車両の点検に続き、団員はラッパ隊の演.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録