個性あふれる絵画など並ぶ 八戸第二養護学校が作品展

児童、生徒の個性豊かな作品を見比べる来場者
青森県立八戸第二養護学校(工藤誠志校長)の作品展が14日、八戸市のラピア1階フェスタプラザで始まった。児童、生徒約170人が個性を生かして制作した絵画や工作物が、来場者を楽しませている。16日まで。 日々の学習活動を市民に知ってもらうととも.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録