「教団に翻弄」どう判断 同情論絶えず、曲折も/安倍元首相銃撃

 奈良地裁(下)と、山上徹也被告(右上)が送った安倍元首相の殺害を示唆する手紙の写しを組み合わせたコラージュ
 奈良地裁(下)と、山上徹也被告(右上)が送った安倍元首相の殺害を示唆する手紙の写しを組み合わせたコラージュ
安倍晋三元首相銃撃事件で奈良地検は13日、山上徹也被告(42)を起訴した。衆人環視の中での銃撃で犯人性は明白だが、「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に人生を翻弄(ほんろう)された」との同情論は絶えない。裁判員裁判で審理される見通しの中、弁.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録