Free【これなあに】北奥羽の名・珍スポット(6)

これなあに
これなあに

解説=船の速度を測るために使用されていた標柱。八戸市鮫町の海岸線を通る、通称「うみねこライン」沿いの岩場に立っている。

 鉄筋コンクリート製で、高さ約5メートル。近くの鮫角灯台前にも、もう1本が現存している。

 答え=マイルポスト(八戸市)

お気に入り登録