Free住民を少しでも楽に 野辺地中生が雪かき奉仕

歩道脇の雪かきを行う野辺地中の生徒
歩道脇の雪かきを行う野辺地中の生徒

野辺地町立野辺地中(楢舘満校長)の部活動に所属する生徒約60人が10日、学校周辺で雪かきボランティアを行った。

 冬でも地域に貢献できる活動として初めて実施。今回は陸上、ハンドボール、卓球、柔道、美術部所属の1、2年生が参加した。

 生徒たちは新町通りの歩道脇や校舎周りなどに積もっていた雪を手際よく片付け。作業を見守った付近住民たちは「きれいになった。ありがとう」と感謝していた。

 陸上部2年の瀬川桜生さんは「地域の人がいつもどれだけ苦労しているのかが分かった。少しでも雪片付けが楽になったと感じてもらえればうれしい」と話していた。

 同校は13日にも部活動の部員による雪かきを実施する予定。

………………………………………

※地域のニュースはデーリー東北で。まずはアプリをダウンロードしてお試しください。無料コンテンツもたくさんあります。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録