時評(1月13日)

日銀の黒田東彦総裁が4月に任期満了となり交代する。10年続けてきた「異次元緩和」は次期総裁の下で再点検されることになる。 資金供給量を大幅に増やす大規模な金融緩和でデフレ脱却を目指した黒田総裁だが、賃上げを伴う安定的な物価上昇という好循環は.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録