進む感染対策、負担は増加 「第8波」緩みに不安/大学入学共通テスト

 大学入学共通テスト会場の主な感染対策
 大学入学共通テスト会場の主な感染対策
新型コロナウイルスの流行「第8波」で感染者数が膨らむ中、約51万人が志願する大学入学共通テストが14、15両日に行われる。感染対策を徹底した上での実施は3回目。ノウハウが蓄積され、独自の対策に知恵を絞る大学も少なくないが、負担は大きい。「感.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録