政変後増える精神疾患 ミャンマー、将来描けず

 ミャンマー・ヤンゴンで、きょうだいの遺影を抱え涙を流す女性。クーデターへの抗議活動に対する治安部隊の発砲があり殺害された=2021年3月21日(ゲッティ=共同)
 ミャンマー・ヤンゴンで、きょうだいの遺影を抱え涙を流す女性。クーデターへの抗議活動に対する治安部隊の発砲があり殺害された=2021年3月21日(ゲッティ=共同)
国軍のクーデターから間もなく2年がたつミャンマーで、精神を病む人が増えている。新型コロナウイルス禍で経済的な打撃を受け、政変後の混乱が追い打ちとなり、将来の展望を描けないことが大きな理由だ。自殺者も増加しているというが、軍政の対策はなおざり.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録