軍拡まい進の中国警戒 防衛拠点化、地元に懸念/米、沖縄に即応部隊

 南西諸島、尖閣諸島、沖縄本島、奄美大島、中国、韓国、台湾など
 南西諸島、尖閣諸島、沖縄本島、奄美大島、中国、韓国、台湾など
米国が沖縄県に駐留する海兵隊を改編し、離島に機動的に展開して拠点構築に当たる即応部隊「海兵沿岸連隊(MLR)」を創設する方針を固めた。背景に軍備拡張にまい進する中国に対する警戒があり、日本も連携して抑止力強化を図る。ただ日米が南西諸島の防衛.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録