Free海自八戸航空基地で初訓練 P3C飛行訓練など実施

初訓練で離陸するP3C哨戒機=10日、八戸市の海上自衛隊八戸航空基地
初訓練で離陸するP3C哨戒機=10日、八戸市の海上自衛隊八戸航空基地

海上自衛隊第2航空群(石川一郎群司令)は10日、八戸航空基地で今年初の訓練を行い、隊員らが飛行の安全や士気の高揚を図った。報道公開は新型コロナウイルスの影響で3年ぶり。

 初訓練では、石川群司令が約200人の隊員を前に、「海上自衛隊は四方を海に囲まれたわが国の最前線の防衛を担っている」と強調。「伝統ある北方の海上航空部隊の一員であることに誇りを持ち、朗らかに笑顔で仕事をしていこう」と訓示した。

 その後、P3C哨戒機2機に隊員約20人が搭乗。滑走路に移動した哨戒機は雪を舞い上げながら離陸し、洋上や同基地周辺の上空を訓練飛行した。

 航空機事故による火災を想定した消火活動訓練や、除雪隊による訓練、災害時を想定した野外調理も行われた。

………………………………………
※地域のニュースはデーリー東北で。アプリはこちら。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録