立・維、改憲巡る溝深く 統一選対決、共闘に影響も

 憲法改正を巡る立場
 憲法改正を巡る立場
立憲民主党と日本維新の会は、23日召集の通常国会で共闘を継続する方針だ。昨秋の臨時国会では共闘が世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題を巡る被害者救済法成立につながった。ただ、両党は憲法改正を巡る立場が大きく異なる。維新が早期改憲を目指すの.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録