コクガン、波間で羽休め/八戸・蕪島周辺

波間で羽を休めるコクガン=9日、八戸市の蕪島周辺
波間で羽を休めるコクガン=9日、八戸市の蕪島周辺
八戸市の蕪島周辺で、国天然記念物のコクガンが優美な姿を見せている。例年11月ごろ、繁殖地であるシベリアから越冬のために飛来。9日は40羽ほどの群れが波間に漂っていた。 コクガンは黒い体色で、首に白い首輪状の斑紋があるのが特徴。絶滅の危険が増.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録