Free波のオブジェ、成長中 「しぶき氷」見頃/十和田湖畔

小畳石の岩の上にできた「しぶき氷」右後方は御鼻部山=9日午前11時ごろ、十和田湖
小畳石の岩の上にできた「しぶき氷」右後方は御鼻部山=9日午前11時ごろ、十和田湖

十和田湖畔の子ノ口から北に約1キロの小畳石では、打ち寄せた波が枝や岩に凍り付く「しぶき氷」が見頃になっている。

 枝に付いたしぶきはつららとなって成長し、湖岸を覆う。岩の上の雪はしぶきを浴びて凍り付き、紺色の湖水とコントラストをなす。

 例年に比べ冷え込みが弱いせいか、氷の塊はまだ小さいものの、かすかに青色を含んだオブジェは、冷え込みが厳しくなる「大寒」に向けて日夜成長する。

 現場は凍結している場合があるので、見物する際は注意が必要だ。

お気に入り登録