男衆、豪快「水ごり」 呑香稲荷神社で裸参り/二戸

頭から豪快に水をかぶり、身を清める参加者
頭から豪快に水をかぶり、身を清める参加者
二戸市の呑香(とんこう)稲荷神社(小保内威彦宮司)周辺で7日夜、新年恒例の「裸参り」が行われた。下帯姿の男衆が市中心部を練り歩き、無病息災や家内安全などを祈願した。 裸参りは戦前から続く伝統行事。交通量の増加を理由に長く中断した時期もあった.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録