【津波避難タワー】久慈市「建て替え含め活用法検討」

久慈市湊地区に整備された避難施設。高さ不足のため現在は津波の避難場所には指定されていない=6日、久慈市
久慈市湊地区に整備された避難施設。高さ不足のため現在は津波の避難場所には指定されていない=6日、久慈市
久慈市湊地区の津波避難施設(避難タワー)は東日本大震災を受け、2016年11月に建設されたが、市は21年4月に津波避難場所としての使用を中止した。巨大地震による津波浸水想定の最大浸水深がタワーの高さ8・9メートルを上回ったためだ。現在は洪水.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録