【変容の先に コロナと社会】20歳の思い 悔しさ乗り越え成長誓う

晴れの式典に臨む磯嶋優真さん(左)、米田唯愛さん。成人式ではコロナ収束への願いも広がった=8日、八戸市公会堂
晴れの式典に臨む磯嶋優真さん(左)、米田唯愛さん。成人式ではコロナ収束への願いも広がった=8日、八戸市公会堂
多感な10代の終わりに、新型コロナウイルスの直撃を受けた。感染症と向き合った3年間。そして“大人”になったが、多くは今も青春時代を過ごす。 成人年齢が18歳に引き下げられても、やはり二十歳は大きな節目。成人の日を前に8日、全国各地で晴れの式.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録